ホーム


TRINITY RIVER ADVENTURE INNキャビン
ダンスミア'S ALPINE FISH&SKI HAUS&
FISH〜KAYAK〜RAFT〜SUP〜HIKE〜GROOVE〜EXPLORE
  • Slide Title

    この黒板はダンスミアにTパークへの道を進んでいると常に私たちは笑顔になり

    ボタン
  • Slide Title

    私たちの母豚の耳のゲストMindiと彼女のガールフレンドは、豚の耳で彼女の40周年を祝った1月16日

    ボタン
  • スライドタイトル

    夜のアルペングローはさらに魔法であります

    ボタン
  • Slide Title

    フィル・フィッシャーのために2016年2月キャッチ

    ボタン
  • スライドタイトル

    アルペングローは、大規模な壮大な川の上で右です!

    ボタン
  • スライドタイトル

    キャリッジハウスは、薪ストーブと大きな川のポーチを持っています

    ボタン
  • Slide Title

    あなたのホストハイジ&シャスタスキーステフ。最後に!

    ボタン
  • スライドタイトル

    雌豚の耳は、リバービューのビットと川の音とたくさんの深いフロントポーチを持っています

    ボタン
  • スライドタイトル

    巣箱でのフィーダーでの鳥は、ポーチやリビングルームから見ていて楽しいです

    ボタン
  • スライドタイトル

    アルペングローのリビングエリアにはクイーン枕木&2リクライニングチェア革の断面を備えています

    ボタン
  • スライドタイトル

    アルペングローとキャリッジハウスからの川の眺めは、平和で美しいです。これは、いくつかの素敵な結婚式のサイトの一つです

    ボタン
  • スライドタイトル

    雌豚の耳には、川の右の両方私たちのキャビンによるものであり、当社のホットタブ、パティオの使用を持っています

    ボタン
  • Slide Title

    素朴なキャリッジハウスは、美しい革とタペ​​ストリーの室内装飾とトースト暖かい薪ストーブを持っています

    ボタン
  • スライドタイトル

    第二ダイニングセット&夏のミストシステムを持っているキャリッジハウスの川のベランダからの眺め

    ボタン
  • スライドタイトル

    スタンドアップパドルボード上の冬を迎えハイジ&ステフ

    ボタン
  • スライドタイトル

    マイナーのキャビンは、川&非常に民間からわずかフィートです。あなたは火災のピットと川の岩の着陸が表示されるまで待って!

    ボタン
  • Slide Title

    巣箱のリビングルームは、光と植物がいっぱいです。それは、リラックスしくつろぐ世界がによって手放すのに最適な場所です

    ボタン
  • スライドタイトル

    マイナーのは、キューリグ製のコーヒーメーカーなどの限られたが、十分な炊事設備を備えたコンパクトでユニークです

    ボタン
  • スライドタイトル

    私たちのダンスミアの場所は山のために完全ですシャスタの休暇だけでなく、I-5に通過overnighters

    ボタン
  • スライドタイトル

    ダンスミアハウスは、キッチンオフプライベートで快適なパティオがあります。各キャビンのページでもっとたくさんのpix

    ボタン
「自発的なハイキングに行きました、スケッチ、すべてが。だから、居心地の良い素敵だった&自宅のように感じるようになりました。豪華な景色と音を楽しんだ。わんわん天国。希望はすぐに戻って!であることを「 ビクトリア&イワン/カリフォルニア州サンフランシスコ3/29/16

私たちは、今年の我々の最安料金の静かな期間でいます!
リラックスした滞在のためにご参加ください トリニティ上の魅力的なキャビン あなたは、魚の読み取りと自然を観察することができます。
または当社のに来る 山によってアルペンフィッシュ&スキ ​​ーハウスシャスタ。面積は、その絶妙な精神的なリトリートとミネラル温泉で知られています。シンプルな見通しの?どこにでも素晴らしいハイキングや登山。

当社独自のトリニティ川のキャビンは、ウィーバーヴィルから15分約3異なる場所に分散されている。 彼らの個々のリンクは、ヘッダーバーに上記されている。 彼らは愛情を込めて修復され、強化され、からわずか数フィートですされている実際の鉱山労働者の小屋の範囲川のすべての方法までアルペングロー、抜本的な芝生、川、山、空に外を見て私たちの見事なフレーム。

ダンスミアアルパインフィッシュ&スキ ​​ーハウスは、北と南からの理想的なランデブーポイントです。それは3+寝室、2浴室、フルランドリー、火災のピットとはるかと専用パティオがあります。山からわずか20分。私たちを参照してください ダンスミアの 詳細については、ページを。
あなたは私たちの宿泊し、何その面積が提供しているを好きになるだろう!

私たちは日曜日-木曜日料金を削減し、また、3以上NIGHT滞在ON割引を提供しています。長期滞在のため到着日CLOSE SPECIALSの呼び出しだけでなく、GREAT WEEKLY料金。
By Heidi Tiura 12 Oct, 2017
Some of you have wondered what happened to our newsletter and as I considered all that's gone on even in the past several months, I found it daunting to attempt an explanation complete with solely a roundup of the more germane items, let alone my typical roundabout way of telling one story that includes several more and ultimately takes a very long time. But this story is a good one and I can tackle it fairly succinctly, so here goes:

What kid doesn't dream of catching a big fish? Make the kid someone whose grandfather is quite a fisherman and a man the kid is very fond of and you have the goal of a childhood and maybe a lifetime. That was the position Noah Telford found himself in last week when he and his brother and their parents arrived for several days at Sow's Ear. Noah is the fisher of the family and he got right to it while his younger brother Ari, the social director, set about meeting the locals. Ari takes his job seriously; on just their first morning here, he trotted up to Steph, whom he had met earlier, and exclaimed, "I STILL haven't met Heidi!"

Noah had no luck fishing that day so I told him how guests from Holland had located a productive spot on our bank and brought fresh trout up to Sow's Ear for their breakfasts. It was worth checking out and that's what Noah did the next morning. Long before we actually saw Noah's fish, Ari came barreling past our place, announcing Noah had caught a huge fish. "Probably a salmon!" he yelled out breathlessly as he ran up to their cabin.

Things happened pretty fast, but I think Ari then ran back to his brother next, grabbed the fish on its leader, and came to show us. He was so sweetly and genuinely excited for Noah and still maintained fishing was not for him, but when it comes to PR work, Ari is a natural. 

Neither Steph nor I knew what kind of fish Noah had caught, other than enormous. It makes people, especially those up here fishing, laugh when we tell them we don't fish because we don't have time for it. We have fished, but mostly ocean. We will fish again, but I'm pretty sure we'll get into fly fishing here when we clear our calendars enough to pursue it. As we already know, it is an all-consuming sport that mixes passion and skill with entomology. We'll have a steep learning curve except for the passion part.

We figured Noah's fish was a trout and guessed it could be a German brown even though they are often described as ugly. Compared with a rainbow trout, or a coho or king salmon, maybe they are ugly, but look at the deep greens and black spots, each surrounded by a halo.  I'd say it's an attractive fish, but at the time, my main question was whether it was dead. The boys said yes but when I lifted it, I felt a solid jolt. Noah, Steph and I joined forces to dispatch the living fish and I began a gutting and packaging for travel lesson with Noah soon after because the family planned to BBQ it that night after they got home.

I showed Noah the slow version of cleaning his fish. He slit it starting at the anal opening, working up to the gills. Next, he cut up and out from the base of the gills. We pulled out and examined the guts rather than tearing out the gills and guts in one move. That's faster, but our way stretched out the job and allowed him to see how things were attached. As we worked, Noah told me about his grandfather's love of fishing and how he couldn't wait to tell him what had just happened on the Trinity. I was impressed by the boy's thoughtful nature and obvious affection for his grandfather. 

Meanwhile, Noah's parents and Steph did some searches and discovered this was a German brown trout. Browns started arriving  to the US through stocking programs as early as 1893; they came from Europe, North Africa and western Asia. (They're aggressive fish and we've been told biologists would like to see them removed from the rivers, so I guess Noah did his part.)

I posted the picture above on our Trinity River Adventure Inn  Cabins's Facebook site and Scott Dias, a fishing guide and owned of Old Bridge Rafting who knows this river well, was quite impressed. He noted, "Wow; there's not too many browns like that in the river anymore. That's a nice one." What kid wouldn't love to hear that about his catch?

According to the California Department of Fish and Wildlife,  "brown trout are known to be wary and targeting larger fish is widely considered a challenging, yet rewarding fishing opportunity."  Ari surely has included this line in his press release (along with Scott's, above) following their Trinity adventure and I know Noah would agree.
More Posts
クリックツーコール 私達に電子メールを Subscribe to Newsletter

私たちは本当に意気投合誰と私たちの隣に豚の耳でゲストを持っていました。それらがあれば、そこはそんなに私たちの生活の中に詰め込まれているので、彼らは、私たちの物語はおそらく本当であることができれば不思議に入院しました。ステファニーさんからオレゴン州の悪名高いコロンビア川バーの引き船を実行しているカナダからメキシコとハイジにシーカヤックを漕ぐました。クジラへ。オートバイ;猛烈な保全活動とそんなに多くは、 それが1野生の乗り心地となって、まだですしています。すべての真の。 それをチェックアウト。
お電話

私達に電子メールを
Share by: